Mallmallトップ > 島津発祥の地

インデックス[さくいん] No.198

島津発祥の地

しまづはっしょうのち

気になるもの

万寿年間(1024~1028年)に大宰大監(だざいのたいげん)・平季基(たいらのすえもと)が、当時「島津」という地名であった都城市郡元町周辺地域を開発し、関白・藤原頼通(ふじわらのよりみち)にこの土地を寄進しました。これがのちに日本一の大荘園となる「島津荘」(しまづのしょう)のはじまりです。文治元年(1185年)、源頼朝は島津荘の下司職(げすしき)に惟宗忠久(これむねのただひさ)を任命します。その後、忠久は荘園名から姓をとって「島津忠久」と名乗るようになりました。このことから、都城市は「島津発祥の地」といわれています。 BY-SA


件名 島津(家)(都城市)、都城島津家
関連する資料10件表示/103件)
1都城島津家役所日記 : 日帳<元禄10年(1697)6月> : 日帳<享保19年(1734)正月> : 索引<都城島津伝承館史料集第10号>
2季刊 南九州文化 : 「南九州文化」の作品集(目次)バックナンバー集
3都城島津家役所日記 : 日帳<元禄10年(1697)正月~十二月>(2) : 索引<都城島津伝承館史料集第6・7・9号>
4季刊 南九州文化 : 都城盆地
5歴史を見てきたモノたち : -美術工芸品で紐解く都城島津家のあゆみ- : 都城島津伝承館秋季収蔵史料展
6島津家家臣団系図集  : 各家各氏一族分出略系図
7島津家家臣団系図集  : 各家各氏詳細系図
8都城島津家役所日記 : 日帳<元禄10年(1697)正月~十月>(1) : 索引<都城島津伝承館資料集第8号>(1)
9季刊 南九州文化 : 四〇周年記念号
10都城島津家役所日記 : 日帳<寛文10年(1670)十一月~> : 索引<都城島津伝承館史料集1~5号>
[もっと見る]

宮崎県都城市郡元町3420 祝吉御所跡


登録日 2018/04/23
最終更新日時 2020/10/06