Mallmallトップ > シラスまき

インデックス[さくいん] No.237

シラスまき

しらすまき

気になるもの

12月28・29日の大みそか近くに、シラス(火山灰)を自宅に運んで庭一面に撒くという都城盆地に伝わる年越しの風習です。白いシラスを雪や塩に見立てて撒くことで、先祖の霊を迎え、場を清め、清新な気持ちで新年を迎えました。また、牛馬の床や冬場の霜解け、降雨で泥まみれになるのを防ぐ働きも兼ね備えていました。シラス採取中の事故が頻発したため、1950年代半ばごろ(昭和30年代)になると一般家庭でおこなうことはほとんどなくなりました。いまは都城市今町の愛宕神社で見ることができます。 BY-SA


件名 年中行事、シラス、火山
関連する資料10件表示/805件)
1季節と行事のおりがみくらぶ
2季節と行事のおりがみくらぶ
3きょうはなんの日?クイズ
4うねゆたかの田んぼの絵本
5日本列島の未来 : オールカラー図解 : これからも起こる地震や火山噴火のしくみ
6家司と呼ばれた人々 : 公家の「イエ」を支えた実力者たち
7季節と行事のおりがみくらぶ
8気持ちを届けよう!世界にひとつの手作り手紙
9あかおにちゃんとあおおにちゃんのさがしてどこどこ?
10季節と行事のおりがみくらぶ
[もっと見る]

登録日 2018/04/23
最終更新日時 2020/10/13