Mallmallトップ > 田の神さあ


  • 乙房神社(都城市乙房町)の田の神さぁ
    by-sa

  • 将軍神社(都城市高城町)の田の神さぁ
    by-sa

  • トーチカの上にある母智丘(都城市横市町)の田の神さ...
    by-sa

インデックス[さくいん] No.298

田の神さあ

たのかんさあ

気になるもの

農民たちが豊作を願ってつくった石像で、主に田んぼのそばに立っています。江戸時代の初め頃からつくられるようになったとされ、その多くは旧薩摩藩領である鹿児島県と宮崎県諸県地方に分布しています。仏像型の系統と神像型の系統に分けられ、はじめは仏像や神像としてつくられたものが、徐々に動きのある表情豊かな農民の姿に変化していきました。都城市内に所在するものでは、享保9年(1724年)の銘をもつ高崎町前田の田の神が最古とされています。田の神信仰は全国的に見受けられますが、このような石造物として存在するのは珍しいとされます。 BY-SA


件名 田の神、農耕儀礼
関連する資料10件表示/52件)
1図録*江戸時代の鹿児島藩 田の神像のすべて
2由緒ある田の神石像の数々 : 鹿児島県有形民俗文化財20体を含め、合計110体を紹介
3田んぼの学校へいってみよう
4田の神石像・全記録 : 南九州の民間信仰
5みやざき民俗
6みやざき民俗
7郷土史・伝承等備忘メモ : 都城地域と周辺地域他
8みやざき民俗
9田の神さあMAP
10都城盆地 史跡ガイドブック
[もっと見る]

登録日 2018/04/23
最終更新日時 2021/04/21