Mallmallトップ > 東霧島神社


  • 石階段下には鬼の像が鎮座
    by-sa

  • 鬼が一夜で造ったという伝説が残る石段
    by-sa

  • 拝殿
    by-sa

  • 神石
    by-sa

インデックス[さくいん] No.316

東霧島神社

つまきりしまじんじゃ

気になるもの

都城市高崎町東霧島に鎮座する神社で、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を主祭神としています。江戸時代までは「東霧島権現社」と呼ばれ、境内に勅詔院という寺もありました。明治初年の廃仏毀釈によって勅詔院は廃寺となり、社名も初め「長尾神社」、後に「東霧島神社」と改められました。境内の小池に「神石」といわれる石があり、伊弉諾尊が十握剣(とつかのつるぎ)で火の神を斬ったものと伝わっています。また、社殿に続く約166段の石段は、鬼が一夜で造ったという伝説があります。 BY-SA


件名 霧島山、山岳信仰
関連する資料10件表示/73件)
1入定する霧島修験 : 島津氏帰依僧の『日録』に見る近世修験道の変容
2火山の麓で暮らしていく : ~2011年新燃岳噴火から10周年~記念誌
3島津氏と霧島修験 : 霊山霧島の山岳信仰・その歴史と民族
4日本の火山に登る : 火山学者が教えるおもしろさ
5現代山岳信仰曼荼羅
6九州考古学の現在(いま)
7修験道という生き方
8霧島山を楽しむために
9霧島山火山防災マップ
10日本遺産 : 地域の歴史と伝統文化を学ぶ
[もっと見る]

宮崎県都城市高崎町東霧島1560


登録日 2018/04/23
最終更新日時 2021/04/21