Mallmallトップ > 唐人町

インデックス[さくいん] No.337

唐人町

とうじんまち

気になるもの

江戸時代における都城の町場のひとつです。天正17年(1589)年、北郷時久(ほんごうときひさ)が明より渡来した人々を安永(現在の庄内町)の諏訪神社付近に住まわせて町をつくり、そこを「唐人町」と呼んだのがはじまりといいます。北郷氏が文禄4年(1595年)に祁答院(現在の鹿児島県薩摩郡さつま町、薩摩川内市の一部)に移封され、慶長5年(1600年)に都城に復帰したときには、唐人町も常に同行しています。元和元年(1615年)の一国一城令後に北郷氏の新地移り(居城・都城から領主館への移転)にともない、現在の中町に移され、明治を迎えるまで存続しました。彼らの子孫は、江戸時代から現在に至るまで都城の産業を支える人材を多く輩出しました。 BY-SA


関連する資料10件表示/18件)
1おやときどきこども
2郷土史・伝承等備忘メモ : 都城地域と周辺地域他
3もろかた(諸県). 子どもに伝えたい郷土の人物
4都城の対外交流と唐人町 : 平成26年度 都城島津伝承館企画展図録 : 海がつなぐヒト・モノ・文化 都城にも海があった!
5埋蔵文化財資料活用推進事業報告書 : 置県130年記念
6都城盆地 史跡ガイドブック
7都城唐人町 (増補改訂版) : 海に開く南九州 : 16~17世紀日中交流の一断面
8もろかた(諸県). 子どもに伝えたい郷土の人物
9都城の歴史と人物 【増補改訂版】 : ”みやこんじょ”を知ろう!!
10都城唐人町 : 海に開く南九州 : 16~17世紀日中交流の一断面
[もっと見る]

登録日 2018/04/23
最終更新日時 2020/09/26