Mallmallトップ > 人形浄瑠璃

インデックス[さくいん] No.359

人形浄瑠璃

にんぎょうじょうるり

気になるもの

近世を発祥とする、浄瑠璃(語り)と三味線の伴奏で演じる人形劇です。貞享2年(1685年)、竹本義太夫・近松門左衛門により、義太夫節三人遣い人形浄瑠璃(文楽の起源)が成立します。それ以前のものは古浄瑠璃と呼ばれ、そのひとつが都城市山之口町麓地区に伝わる「山之口麓文弥節人形浄瑠璃」です。文弥節人形浄瑠璃は、延宝~元禄(1673~1704年)頃に大坂道頓堀の伊東出羽掾座の岡本文弥が語り始めたもので、約270年前に大坂から京都を経て伝わったといいます。山之口麓文弥節人形浄瑠璃資料館では、年4回の定期公演を開催し、現在も保存維持されています。 BY-SA


件名 浄瑠璃、人形浄瑠璃、岡本/文弥
関連する資料10件表示/126件)
1ジェンダー分析で学ぶ女性史入門
2みんなが知りたい!日本のユネスコ無形文化遺産がわかる本
3ビジュアル入門江戸時代の文化
4上方落語ノート
5絵で見てわかるはじめての古典
6知りたい!日本の伝統音楽
7さし絵で楽しむ江戸のくらし
8もう少し浄瑠璃を読もう
9マンガでわかる文楽 : あらすじから見どころ、歌舞伎との違いまで全部わかる
10渦 : 妹背山婦女庭訓魂結び
[もっと見る]

宮崎県都城市山之口町山之口2921-1 山之口麓文弥節人形浄瑠璃資料館


登録日 2018/04/23
最終更新日時 2020/09/26