Mallmallトップ > 都城大弓

インデックス[さくいん] No.453

都城大弓

みやこのじょうだいきゅう

気になるもの

都城大弓は、真竹と櫨(はぜ)を原料として作られています。その製造方法は江戸時代初期に確立したとされており、200以上もある工程のほとんどが手作業で、一人前の弓師になるには10年以上かかると言われています。江戸時代に都城市志和地、金田地区で弓が作られていたことが『庄内地理志』に記録されています。平成6年(1994年)に国の伝統的工芸品に指定されました。
 「都城大弓」の発展及び弓道の振興に寄与することを目的として 昭和63年(1988年)より、都城弓まつり全国弓道大会が毎年3月下旬に開催されています。 BY-SA


件名 大弓、弓道、伝統的工芸品産業
関連する資料10件表示/123件)
1動画で学ぶ弓道 : 基本~称号者への道 : 射法八節の基本から射礼、介添えまで、修行者必携の書
2現代の職人 : 質を極める生き方、働き方
3日本美のこころ最後の職人ものがたり
4日本の伝統文化仕事図鑑
5日本の伝統文化仕事図鑑
6地域人
7弓道と身体 : カラダの“中”の使い方
8キャリア教育に活きる!仕事ファイル : センパイに聞く
9手仕事のはなし
10MADE IN JAPAN日本の匠 : 世界に誇る日本の伝統工芸
[もっと見る]

登録日 2018/03/29
最終更新日時 2020/09/25