Mallmallトップ > 都城大空襲

インデックス[さくいん] No.454

都城大空襲

みやこのじょうだいくうしゅう

気になるもの

太平洋戦争末期の昭和20年(1945年)8月6日、都城が受けた大空襲です。この空襲によって、松元・八幡・牟田・宮丸・姫城・大王・上町・中町・前田・平江・小松原の各町が焼失し、52人が犠牲になりました。市役所や明道小学校も焼失しました。図書館(当時は県立都城図書館)も隣家が焼けて飛火しましたが、必死の消火活動により焼失はまぬがれました。また、この日の空襲は市外にも及び、庄内町(当時は北諸県郡庄内町)なども爆撃により庄内小学校や民家が焼失しています。 BY-SA


件名 空襲、太平洋戦争
関連する資料10件表示/1,000件)
1「暮し」のファシズム : 戦争は「新しい生活様式」の顔をしてやってきた
2ガメ・オベールの日本語練習帳
3空の神兵と呼ばれた男たち : インドネシア・パレンバン落下傘部隊の奇跡
4「反日」化するドイツの正体
5命の救援電車 : 大阪大空襲の奇跡
6陰謀の日本近現代史
7特攻最後の証言 : 100歳・98歳の兄弟が語る
8教養としての歴史問題
9蒼海の碑銘 : 海底の戦争遺産
10『陸軍分列行進曲』とふたつの『君が代』 : 出陣学徒は敵性音楽で戦場に送られた
[もっと見る]

登録日 2018/04/23
最終更新日時 2020/09/25