Mallmallトップ > 母智丘


  • 花見客でにぎわう母智丘への道
    by-sa

  • 母智丘からの眺め
    by-sa

  • 母智丘神社入り口
    by-sa

インデックス[さくいん] No.467

母智丘

もちお

気になるもの

都城市横市町にある、標高245mの都城盆地を一望できる丘陵です。頂上付近には大きな石があり、石の下には狐が住むといわれ、明治初期までは「石岑稲荷神」「保食稲荷」と称されて地区民から崇敬されていました。明治3年(1870年)、上荘内郷地頭の三島通庸(みしまみちつね)が住民を動員して周辺を開発し、「母智丘神社」と命名し、郷社としました。このあたりの地名は古くは「餅丘」「持丘」「持尾」などと書かれていましたが、万葉仮名を引用して「母智丘」と改めたといわれています。母智丘神社の参道には桜が植えられ、春になると「桜まつり」で賑わう名所となっています。 BY-SA


件名 桜、都城市
関連する資料10件表示/2,147件)
1みんなでささえるみんなの介護 介護保険 利用の手引き
2郷土で蘇る嵯峨信之 : -嵯峨信之シンポジウム-
3知って備えればあんしん 認知症ケアパス
4都城市立図書館要覧 令和3年度 : ひとりひとりが『だいじなもの』をみつけていくために
5「北の蝦夷!南の隼人!」「髪長姫と都城の古墳文化」 : 都城市3館周年記念特別展 : 第35回国民文化祭・みやざき2020 : 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会
6まちなかランチマップ 第7版
7JIA MAGAZINE
8rapia : 宮日ホームマガジン「らぴあ」
9樹木史譚 : —木をめぐる話の話—
10季刊 南九州文化 : 明治以降の戦乱
[もっと見る]

登録日 2018/04/23
最終更新日時 2021/04/21