Mallmallトップ > 母智丘


  • 花見客でにぎわう母智丘への道
    by-sa

  • 母智丘からの眺め
    by-sa

  • 母智丘神社入り口
    by-sa

インデックス[さくいん] No.467

母智丘

もちお

気になるもの

都城市横市町にある、標高245mの都城盆地を一望できる丘陵です。頂上付近には大きな石があり、石の下には狐が住むといわれ、明治初期までは「石岑稲荷神」「保食稲荷」と称されて地区民から崇敬されていました。明治3年(1870年)、上荘内郷地頭の三島通庸(みしまみちつね)が住民を動員して周辺を開発し、「母智丘神社」と命名し、郷社としました。このあたりの地名は古くは「餅丘」「持丘」「持尾」などと書かれていましたが、万葉仮名を引用して「母智丘」と改めたといわれています。母智丘神社の参道には桜が植えられ、春になると「桜まつり」で賑わう名所となっています。 BY-SA


件名 桜、都城市
関連する資料10件表示/1,000件)
1樹木史譚 : —木をめぐる話の話—
2働くことは、生きること : 「聞き書き甲子園」—80組の名人と高校生の出会い
3くれよん 第25回(令和2年度) : 都城市小学生読書感想文コンクール入選作品集
4さくららら
5やまだ史跡めぐり : かかしの里探訪マップ
6都城跡 : 市名の由来となった山城!
7上水流松ケ迫遺跡 : 志和池最終処分場第3期建設関連事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
8掘る、活かす、つなぐ。 : 発掘調査と活用の最前線
9小迫遺跡 : 都城市所在 : 県道飯野松山都城線(都城志布志道路)金御岳工区道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書4
10保木島遺跡 : 都城市所在 : 県道飯野松山都城線(都城志布志道路)金御岳工区道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書5
[もっと見る]

登録日 2018/04/23
最終更新日時 2021/04/21