Mallmallトップ > 和人参

インデックス[さくいん] No.518

和人参

わにんじん

気になるもの

江戸時代初期に中国広東州から内之浦港に漂着し、都城の唐人町に移り住んだ何欽吉(か きんきつ)が都城東側(現在の三股町付近)の山中で発見しました。薬用に用い、地元の人々を病から救って喜ばれたと伝わっています。この和人参は解熱、去痰、鎮咳、健胃作用がある生薬として現在も使われる「トチバニンジン」と同一植物という認識がされていて、薬用として利用し始めたのが何欽吉ではないかといわれています。 BY-SA


件名 薬用植物、にんじん(薬用)
関連する資料10件表示/150件)
1アロマ&ハーブ大事典
2二十四節気暦のレシピ
3エネルギーの物語 : わたしたちにとってエネルギーとは何なのか
4世界薬用植物図鑑 : イギリス王立植物園キューガーデン版
5生薬と漢方薬の事典 : 生薬図鑑119種症状別漢方処方漢方薬298種
6絵でわかる薬のしくみ
7自然治癒力をひきだす「野草と野菜」のクスリ箱
8健康寿命を延ばすための薬食術
9ぼくは蒸留家になることにした
10薬草仙人の手帖 : 自然とカラダが蘇る
[もっと見る]

登録日 2018/04/23
最終更新日時 2020/09/25