Mallmallトップ > 寒天工場

インデックス[さくいん] No.95

寒天工場

かんてんこうじょう

気になるもの

江戸時代後期に造られた寒天を製造する工場で、現在の都城市山之口町・高城町にありました。薩摩藩の調所広郷(ずしょ・ひろさと)による財政改革の一環として計画され、指宿の豪商・浜崎太平次(はまさき・たへいじ)に諮って造られたといいます。原料となる天草は甑島などから運ばれ、工場で寒天を製造し、中国(清)やロシアなどに密輸されました。薩摩藩の中で、都城の地が選ばれた理由は、冬の朝晩と昼間の寒暖差が激しいという自然条件が寒天製造に適していたことと、街道沿いに面して番所が多く設置されているため役人が管理しやすかったことが考えられます。 BY-SA


件名 薩摩藩、島津氏
関連する資料10件表示/206件)
1雨と短銃
2島津氏と霧島修験 : 霊山霧島の山岳信仰・その歴史と民族
3九州の中世
4現代語訳上井覚兼日記 : 天正十年〈一五八二〉十一月~天正十一年〈一五八三〉十一月
5「江戸大地震之図」を読む
6島津家家臣団系図集  : 各家各氏一族分出略系図
7島津家家臣団系図集  : 各家各氏詳細系図
8龍造寺隆信
9がんに負けない体をつくる済陽式野菜スープ
10日和城
[もっと見る]

宮崎県都城市山之口町山之口


登録日 2018/04/23
最終更新日時 2020/10/06